箱根フリーパス と おすすめモデルコース

ホーム > 箱根駅伝出場校

箱根駅伝2019年 出場校
(↑2019年1月2日(水)スタート) 箱根駅伝2019年 出場校

総合優勝 東海大学
箱根駅伝2019年
(第95回大会)

箱根駅伝2019年 出場校
2019年1月2日(水)、3日(木)、第95回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)は東海大学が総合優勝した。(初優勝)


箱根駅伝 結果・順位
(出場回数は95回大会まで)
1.東海大学 箱根駅伝 東海大学(東海大)
 46回目 6年連続 総合優勝1回(95回大会)
2.青山学院大学 箱根駅伝 青山学院大学(青学)
 24回目 11年連続 総合優勝4回
3.東洋大学 箱根駅伝 東洋大学(東洋大)
 77回目 17年連続 総合優勝4回
4.駒澤大学 箱根駅伝 駒澤大学(駒大)
 53回目 53年連続 総合優勝6回
5.帝京大学 箱根駅伝 帝京大学(帝京大)
 20回目 12年連続 (最高4位)
6.法政大学 箱根駅伝 法政大学(法大)
 79回目 4年連続 (最高3位)
7.國學院大學 箱根駅伝 國學院大學(國學院)
 12回目 3年連続 (最高10位)
8.順天堂大学 箱根駅伝 順天堂大学(順大)
 60回目 8年連続 総合優勝11回
9.拓殖大学 箱根駅伝 拓殖大学(拓大)
 40回目 6年連続 (最高7位)
10.中央学院大学 箱根駅伝 中央学院大学(中学大)
 20回目 17年連続 (最高3位)


-----以下、予選会校-----

11.中央大学 箱根駅伝 中央大学(中大)
 92回目 2年連続 総合優勝14回
12.早稲田大学 箱根駅伝 早稲田大学(早大)
 88回目 43年連続 総合優勝13回
13.日本体育大学 箱根駅伝 日本体育大学(日体大)
 71回目 71年連続 総合優勝10回
14.日本大学 箱根駅伝 日本大学(日大)
 88回目 1年連続 総合優勝12回
15.東京国際大学 箱根駅伝 東京国際大学(東国大)
 3回目 2年連続 (最高17位)
16.神奈川大学 箱根駅伝 神奈川大学(神大)
 50回目 9年連続 総合優勝2回
17.明治大学 箱根駅伝 明治大学(明大)
 60回目 1年連続 総合優勝7回
18.国士館大学 箱根駅伝 国士館大学(国士館)
 47回目 3年連続 (最高3位)
19.大東文化大学 箱根駅伝 大東文化大学(大東大)
 50回目 7年連続 総合優勝4回
20.城西大学 箱根駅伝 城西大学(城西大)
 15回目 2年連続 (最高6位)
21.山梨学院大学 箱根駅伝 山梨学院大学(山学大)
 33回目 33年連続 総合優勝3回
22.上武大学 箱根駅伝 上武大学(上武大)
 11回目 11年連続 (最高14位)
【オープン参加】
23.関東学生連合




箱根駅伝2019年(第95回大会)出場校

関東学生陸上競技連盟は、2019年の東京箱根間往復大学駅伝は第95回の記念大会となるため、出場チーム数を2校増の23チームにすると発表した。前回大会10位までのシード校(10校)、関東インカレ成績枠((下記参照))及び、予選会を突破した11校(通常より+1校)とオープン参加の関東学生連合(チーム)の計23チームが走る。第96回大会は従来通りの21チームで実施する。

日大が「関東インカレ成績枠」で出場

箱根駅伝を主催する関東学生陸上競技連盟は2018年5月28日、来年(2019年)1月に行われる第95回記念大会に日大が「関東インカレ成績枠」で出場することを正式発表した。同連盟は2014年4月に関東学生対校選手権(通称・関東インカレ)男子1部の14~18年の5大会の総合得点が最も多い大学に「関東インカレ成績枠」として出場権を与えることを決定済み。5大会合計で日大がトップ。予選会を免除され本戦に出場することが決まった。

総合優勝校一覧

→ 箱根駅伝・歴代の総合優勝校一覧はこちら

第1回(1920年)優勝 東京高等師範学校(15時間05分16秒)から現在まで!

箱根駅伝予選会

第95回箱根駅伝予選会
出場校11校が決定!

第95回箱根駅伝への出場をかけた予選会が2018年10月13日( 土)、東京都立川市のハーフマラソンコース(陸上自衛隊立川駐屯地~立川市街地~国営昭和記念公園)で開催され、予選会からの出場校11校が決定しました。

1位:駒澤大学
2位:順天堂大学
3位:神奈川大学
4位:國學院大學
5位:明治大学
6位:東京国際大学
7位:大東文化大学
8位:中央大学
9位:国士館大学
10位:山梨学院大学
11位:上武大学
(12位:麗澤大学)

箱根駅伝2019年 出場校 出場校決定

箱根1泊2日モデルコース「NEXT」は?


箱根モデルコース(1日目)編をご覧下さい。

出雲全日本大学選抜駅伝競走
第30回 出雲全日本大学選抜駅伝競走の結果
出雲全日本大学選抜駅伝競走
2018年10月8日(月・休)、第30回出雲全日本大学選抜駅伝競走が、島根県出雲市で6区間45.1キロのコースに21チームが参加して行われ、青学大が2年ぶり4度目の優勝を果たした。(スタート:出雲大社正面鳥居前(勢溜)~ゴール:出雲ドーム)写真は、1位でゴールする竹石。
全日本大学駅伝対校選手権大会
第50回 秩父宮賜杯 全日本大学駅伝対校選手権大会の結果
全日本大学駅伝対校選手権大会
2018年11月4日(日) 第50回 秩父宮賜杯全日本大学駅伝対校選手権大会(熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前(8区間106・8キロ))が、27チームが出場して争われ、青学大が2年ぶり2度目の優勝を決めた。10月の出雲全日本大学選抜駅伝に続く2冠。青学大は2位でたすきを受けた7区の森田歩希が東海大をかわした。
全日本大学女子駅伝対校選手権
全日本大学女子駅伝対校選手権の結果
全日本大学女子駅伝対校選手権 素敵な笑顔
第36回全日本大学女子駅伝対校選手権(杜もりの都駅伝=日本学生陸上競技連合・読売新聞社主催、特別協賛・スターツグループ)が2018年10月28日(日)、仙台市で行われ、名城大が2時間5分26秒で2年連続3度目の優勝を果たした。1区でトップに立った名城大は、2区で3位に落ちたものの、3区の高松智美ムセンビ(1年)が区間賞を獲得する快走で再びトップに浮上。後続の選手も安定した走りを見せ、チーム初の連覇を飾った。2位は大東文化大、3位には立命館大が入った。

特集企画 大涌谷

大涌谷